発酵茶の特徴のまとめ

発酵茶の特徴

日本では最近発酵系のお茶も作られるようになっている。特に和紅茶が注目を浴びつつあるが、和製の烏龍茶も徐々に楽しまれてきている。その発酵系の違いは緑茶と比較して、製造工程にあるが、発酵茶同士ではどのような違いがあるかをここでまとめる。

烏龍茶

栽培:  【直射日光】

摘採:  【開面採】大きめな葉を遅めな時期に摘むことによって、烏龍茶としての良い香りが発揚できる。

製造:  【萎凋】
    萎凋の度合いで華やかな香りを発揚する。(萎凋香・花香)
    【釜炒り製】
    揉む工程が少ないため、大きな茶葉が急須で広がり、
    【何煎も飲める】

紅茶

栽培:  【直射日光】

摘採:  【機械刈り】

製造:  【発酵】
    発酵によって紅茶の芳香な【フルーティー】な香りと程よい苦味や紅色が定められる。
    刻む工程があるため、外観には砕けた茶葉がある。


もっと読みたいですか

ブログ更新やイベント情報をメールで配信しています

年末年始の

営業のご案内

年内の営業日

23日(木) 14時〜17時

29日(水) 14時〜17時

 

新年の営業再開

1月6日より再開予定

営業時間外のご来店に関しましては、ラインのメッセージやお電話にてご相談を承っております。

16108

ライン友達追加で

お得な情報やイベントのご案内を

定期的にお届け致します。

チャットしましょう

友だち追加