釜炒り茶の製造工程について

釜炒り茶とは、釜で炒って酸化酵素を止めてつくられる茶のこと。中国から日本に伝来した本来の製法と言われ、製造は九州の佐賀県、長崎県、熊本県、宮崎県に集中している。蒸し製茶の場合は、蒸して酸化酵素を止めてつくられる。勾玉状の形状をし、渋みが少なく、香ばしい釜香(かまか)とスッキリとした味が特徴。

釜炒り茶の製造工程について Read More »

茶品種について

日本では1953年に茶の農林登録制度が発足した。1960年代に茶の実用的な挿し木技術が確立され、1970年代に茶園の新・改植で主に品種の挿し木が植えられた。その中でも1975~1980年の静岡県における「在来実生園」から「やぶきた」への大きな転換が見られる。このような動きはやがて全国に普及し、「やぶきた」は今日では全茶園面積の約77%、品種茶園中の約83%を占める大品種になった。現在、農林登録品種は62品種を数える。

茶品種について Read More »

緑茶の被覆栽培について

玉露、かぶせ茶や碾茶に使用される茶葉を育てる時は新芽内のアミノ酸を保持するため、茶園を覆うことが一般的になっている。覆い方が何通りかあり、必要とされる労力やかかる費用などによって、どのお茶の栽培に適用されるかが変わります。
下で一般的な方法を紹介する。また、煎茶の栽培は基本的に路地で行われ、茶樹を被せずに育てる。

緑茶の被覆栽培について Read More »

お茶のテイスティングとは何か

お茶を飲んだり、楽しんだりする時は、その茶の全貌を把みたい。
お茶はもちろん味と香を楽しむのが重要だが、体内に入った時心身にどう受けられていることも重要なポイント。
それから、そのお茶がどうできるか、製茶した人が誰なのかなどと言う情報も分かっておくと、お茶に対する理解と楽しみがさらに深まると考えている。

お茶のテイスティングとは何か Read More »

ライン友達追加で

お得な情報やイベントのご案内を

定期的にお届け致します。

チャットしましょう

友だち追加