ブログ

IMG_5303
記事

プレスリリース:ティアス宗筅の有機茶ブランド茶ノ実鶴園の実店舗は8月23日にオフィシャルオープン

クラウドファンディングを通じて「世界向けの日本茶文化の発信拠点」の実現を図った有機栽培日本茶ブランド「茶ノ実鶴園」のオーナーティアス宗筅は、京都御所の真迎えでの新たな茶舗の開店日を公表した。オフィシャルオープンの日程が2020年8月23日に決定している。

kickstarter-banner-img-0.1
記事

プレスリリース:ベルギー人茶人が愛してやまない日本茶! 京都で<有機茶>の革命を起こします!

茶ノ実鶴園の創立者ティアス宗筅は、世界向けの日本茶文化の発信拠点として、京都御所の真迎えで新たな茶舗を開店するためにクラウドファンディングをクラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」にて、2020年6月1日(月)より開始します。

20180524-19
記事

日本茶の淹れ方について

お茶の種類は様々で、そのお茶をいただく場合、湯温や抽出時間によって美味しく淹れられるかどうかが左右される。淹れ方は原則として下記の表で表しているが、各部類においても茶の特質が実に多種多様であるため、それぞれのお茶の特徴(製造・品種・地域など)を配慮して、どんなお茶に仕上げたいかを事前に想像した上で、グラム数、湯温や抽出時間を決める必要がある。

TTC0002-5
記事

番茶の種類と魅力について

玉露、かぶせ茶や碾茶に使用される茶葉を育てる時は新芽内のアミノ酸を保持するため、茶園を覆うことが一般的になっている。覆い方が何通りかあり、必要とされる労力やかかる費用などによって、どのお茶の栽培に適用されるかが変わります。
下で一般的な方法を紹介する。また、煎茶の栽培は基本的に路地で行われ、茶樹を被せずに育てる。

Minamisayaka-3
記事

発酵茶の特徴のまとめ

日本では最近発酵系のお茶も作られるようになっている。特に和紅茶が注目を浴びつつあるが、和製の烏龍茶も徐々に楽しまれてきている。その発酵系の違いは緑茶と比較して、製造工程にあるが、発酵茶同士ではどのような違いがあるかをここでまとめる。

Insta-bait-34
記事

和紅茶のあの香気はどこから来ているのか

紅茶を製造する際に香気を発揚する工程が二通りある。「萎凋工程」と「発酵工程」である。基本的な紅茶の製造工程では両工程が行われるが、品種・製茶期・産地(圃場)などの条件によって、どの工程で良い香気が得られるかが異なる。これを見極めることが製造者の腕の見せ所だが、大まかなその傾向を下に紹介する。

Benihikari wa-kocha Black Tea 2018
記事

和紅茶の製造工程について

国内における紅茶造りの基準は定まっておらず、製造者は独自の工夫をしながら、「和」の要素とは何かを模索しつつ、日本の風土・茶品種に合った紅茶の作り方を試行錯誤し続けて行っている。ここでは紅茶の製造方法の大まかな概要の紹介のみとする。

TTC0011-3
記事

烏龍茶の製造工程について

国内における基本的な製造方法を記述する。作り方は様々であるが、一般的な製造工程の大まかな概要を、九州の製造者の作り方に準じて解説する。

Tea-fields-14
記事

よく使う日本茶に関する専門用語集

日本茶を語る時に多くの専門用語(製造工程・自然環境に関する言葉・香りの名付け)など、いろいろな言葉を使う。これらの言葉は日常的に馴染みのないものも多いと思う。その一例として「萎凋」という言葉がある。しおれるという意味だが、お茶の製造において重要な役割をしている。

20170524-Iwata-18
記事

日本の発酵茶について

摘採してから、萎凋・発酵(酸化)・後発酵などした茶葉から製造されるお茶のこと。発酵の度合いによって「発酵茶」と「微発酵茶」(半発酵茶とも称ばれる)に分けられる。

お茶をもっと楽しむには

茶ノ実鶴園 ニュースレター